【南部九州】第66回全国高校軟式野球選手権大会(2021夏)

九州

大会展望

熊本、鹿児島から1校が全国選手権に出場する。

2019年春から九州大会を3連覇した鹿児島実は第64回大会に続いての全国出場を狙う。

昨秋は九州1回戦で延長13回タイブレークで文徳を下して優勝。しかしこの春は逆に、九州1回戦で文徳が12回の末に鹿児島実を下して、九州大会4強入りを果たした。この夏、3度目の対戦となるか。

文徳の好敵手・開新(熊本)、秋・春と県大会決勝まで進んだ鹿児島商らも全国出場をうかがう。

直近大会

大会決勝スコアベスト4
第57回
(21春)
筑陽学園 8-7 津久見文徳
北松農
第56回
(20秋)
鹿児島実 1-0 福岡大大濠津久見
五島南・長崎玉成
第54回
(19秋)
鹿児島実 4-3 朝倉東津久見
文徳
19選手権
北部九州
福岡大大濠 2-1 朝倉東津久見
奈留・五島南
19選手権
南部九州
鹿児島実 4-1 鹿児島文徳
開新
第53回
(19春)
鹿児島実 4-2 文徳鹿児島
津久見
第52回
(18秋)
開新 3-2 文徳糸島農
北松農
18選手権
北部九州
筑陽学園 3-0 東九州龍谷津久見
奈留・五島南
18選手権
南部九州
開新 6-2 鹿児島実 鹿児島実鹿児島商
熊本農
第51回
(18春)
筑陽学園 1-0 明治学園文徳
東九州龍谷
第50回
(17秋)
東九州龍谷1-0 明治学園奈留・五島南
鹿児島実
17選手権
北部九州
福岡大大濠 4-0 宇佐奈留
五島南
17選手権
南部九州
文徳 4-1 開新鹿児島実
鹿児島工
第49回
(17春)
文徳 7-2 鹿児島実東九州龍谷
北松農
第48回
(16秋)
文徳 8-1 鹿児島実北松農
宇佐
16選手権
北部九州
糸島農 1-0 八女学院東九州龍谷
奈留
16選手権
南部九州
文徳 3-0 開新鹿児島工
鹿児島商
第47回
(16春)
※参考
鹿児島工 6-2 八女学院奈留
創成館
第46回
(15秋)
糸島農 4-0 奈留鹿児島商
文徳

南部九州

回戦日程
会場
試合
決勝8/1
リブワーク
 –
1回戦7/31
リブワーク
開新 – 鹿児島商
 7/31
リブワーク
文徳 – 鹿児島実

熊本

回戦日程
会場
試合
決勝7/13
水前寺
開新 5-1 文徳
(開新は2年ぶり13回目の優勝)
準決勝7/12
水前寺

開新 14-0 熊本農
(5回コールド)

 7/12
水前寺
ルーテル学院 2-5 文徳

鹿児島

回戦日程
会場
試合
決勝7/22
鴨池
鹿児島実 7-2 鹿児島商
(鹿児島実は2年ぶり22回目の優勝)
3決7/22
鴨池
鹿児島 – 鹿児島工
(延長13回タイブレーク)
準決勝7/20
鴨池
鹿児島実 – 鹿児島工
 7/20
鴨池
鹿児島 2-8 鹿児島商
1回戦7/19
鴨池
鹿児島工 – 楠隼
 7/19
鴨池
鹿児島育英館・池田 3-11 鹿児島
(7回コールド)

 

>他地区の予選をチェックする

コメント

タイトルとURLをコピーしました