【第3日】第66回全国高校軟式野球選手権大会

全国

第66回全国高校軟式野球選手権大会は27日、準々決勝(2回戦)4試合を行い、準決勝に進む4校が決まる。

大会第3日(8/27)の予定

球場
試合
カード
明石
第1試合
松山商 – 筑陽学園
明石
第2試合
中京 – 比叡山
姫路
第1試合
能代 – 作新学院
姫路
第2試合
松商学園 – 浜田

松山商 – 筑陽学園

松山商は15年ぶり、筑陽学園は初のベスト4入りを狙う。

25日の1回戦で松山商は7回に一挙5本のヒットで8得点を上げた。上位から下位まで、どこからでもチャンスをつくれる。

対する筑陽学園も初戦は8回に5得点で逆転に成功しており、勢いがある。

25日(1回戦)の結果 >

中京 – 比叡山

意外にも全国では初の顔合わせ。

初戦をサヨナラで勝ち上がった中京は、ヒット4本に抑え込まれた攻撃陣が奮起できるか。内野慎、谷本、どちらが先発するのかにも注目。

比叡山は全国初戦でも予選と変わらない決定力を見せた。複数得点でリードを奪い、継投で逃げ切りを図りたい。

26日(1回戦)の結果 >

能代 – 作新学院

第60回大会の決勝カードが2回戦で実現。

能代作新学院ともに初戦はエースが完投した。能代の2年生エース高橋は13イニングを161球、16奪三振。対する作新学院の小林は9回を115球で投げ抜いた。

準々決勝でも両エースの先発が濃厚。1日の休養はあったものの、50球の球数差がどう影響するか。

25日(1回戦)の結果 >

松商学園 – 浜田

松商学園は29年ぶり、浜田は前回に出場した17年前に続く4強入りを狙う。

松商学園は初戦でわずか2安打に封じられた攻撃陣の復調がカギ。3人の1、2年生の投手陣が好調の浜田打線を封じることができるか。

19年前の第47回大会の対戦では、浜田が2-0で松商学園に勝利している。

26日(1回戦)の結果 >

第66回全国高校軟式野球選手権 プレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました