【第2日】第66回全国高校軟式野球選手権大会

全国

第66回全国高校軟式野球選手権大会は26日、1回戦残り4試合を行う。

大会第2日(8/26)の予定

球場
試合
カード
明石
第1試合
仙台育英 – 中京
明石
第2試合
城西大城西 – 比叡山
姫路
第1試合
松商学園 – 開新
姫路
第2試合
横浜商 – 浜田

仙台育英 – 中京

春の東北王者と無敵艦隊が1回戦で激突する。

15年ぶりに明石に帰ってきた仙台育英は3投手の継投で勝ち上がった。予選4試合すべてで5点差以上の勝利と得点力がある。

中京は秋から公式戦無敗。制球力がある内野慎、2年生右腕の谷本の二枚看板で初陣に挑む。

城西大城西 – 比叡山

東京全64チームの代表の城西大城西が、関西の強豪・比叡山に挑む。

予選で6試合を戦っているのは城西大城西が出場校中最多。決勝では春の都大会準優勝の成立学園を下して勢いに乗る。全国初勝利を狙う。

比叡山は吉川、神野の継投策で近畿大会を勝ち上がった。早めに先制して試合を優位に進めたい。

松商学園 – 開新

前回大会ベスト8の松商学園と3年ぶり出場の開新が対戦。

松商学園は3年生が4人で下級生が主体。主戦の味澤、堀内、下川の3枚看板で挑む。

開新は130キロの速球を持つ岩崎が軸。南部九州で見せた粘り強い野球で、まずは26年ぶりの全国勝利を目指す。

横浜商 – 浜田

伝統校同士が1回戦で顔を合わせる。

横浜商は強豪が揃う南関東を11年ぶりに勝ち上がった。エースで4番の阪本を中心に27年ぶりの全国選手権勝利を狙う。

島根県勢としても17年ぶりの全国出場となった浜田は接戦を勝ち抜く力がある。相手打線を最小失点に抑えて勝機をうかがいたい。

第66回全国高校軟式野球選手権 プレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました