【第4日】第66回全国高校軟式野球選手権大会

全国

第66回全国高校軟式野球選手権大会は29日に準決勝2試合を行う。

大会第4日(8/29)の予定

球場
試合
カード
明石
第1試合
筑陽学園 – 中京
明石
第2試合
作新学院 – 浜田

筑陽学園 – 中京

【両チームの勝ち上がり】

 筑陽学園 中京
全国準々決勝3-2 松山商全国準々決勝7-2 比叡山
全国1回戦6-2 河南全国1回戦2-1 仙台育英
北部九州決勝6-2 津久見東海決勝10-3 桜丘
北部九州1回戦10-0 北松農東海準決勝5-0 名城大附
県決勝1-0  福岡大大濠東海1回戦2-0 高田
県準決勝2-1 上智福岡県代表決定戦1-0 県岐阜商
県2回戦19-0 立花県2回戦12-0 岐阜聖徳

【全国大会投球数】

経験で勝る中京に筑陽学園が挑む。

両チームともここまで背番号10の松尾、谷本の力投が光る。いずれも初戦は2番手として、2回戦は先発で1試合を投げ抜いた。

松尾は2回戦で四球1とコントロールが安定。直球は110km台ながら、変化球をコーナーに集めて打ち取る。谷本は1回戦で6つ、2回戦で9つの奪三振を記録。ピンチで相手をねじ伏せる力がある。

筑陽学園は2試合とも逆転で勝利。1回戦で3安打の宮崎、2回戦で3安打の持田など上位陣で得点機をつくりたい。2回戦で途中出場ながら2打数2安打、サヨナラのホームを踏んだ浅川の起用にも注目。

チームとしては1、2回戦で3つずつ記録した失策をいかに減らせるかがポイントになる。

中京は内野光が2回戦で3安打。4番森岡、5番荒井にもタイムリーが出ており、クリーンナップが好調なのは良い材料。初戦でサヨナラヒットを放った加藤も全国で3安打と当たっている。

作新学院 – 浜田

【両チームの勝ち上がり】

 作新学院 浜田
全国準々決勝5-0 能代全国準々決勝3-1 松商学園
(14回タイ)
全国1回戦1-0 札幌山の手全国1回戦5-1 横浜商
北関東決勝6-1 高崎東中国決勝5-2 倉敷工
北関東1回戦8-1 並木中等東中国準決勝3-1 総社
(13回)
県決勝10-0 佐野日大 東中国1回戦4-3 玉島
県1回戦5-0 文星芸大付県決勝19-0 隠岐水産

【全国大会投球数】

公式戦と全国選手権での経験、絶対的エースの投手力で作新学院が優勢か。

エースが2試合を1人で投げているのは4強で作新学院が唯一。その小林はここまで2試合を無失点。初戦は115球、被安打5、三振8、四死球3。2回戦は124球、被安打5、三振9、四球1。ここぞの場面で三振が取れるのが強み。

攻撃は長打こそ少ないが、チャンスを確実に得点に結びつけ、相手のミスも逃さない。上位陣が好調で1番福島は2試合で3安打、4番坂寄は3打点と勝負強い。

浜田はエースの藤田が初戦、2回戦と先発し、齋藤、堀内がマウンドを経験。藤田はここまで9回を投げて無失点と安定しており、準決勝でも先発が濃厚か。2回戦で9イニング132球を投げた齋藤が控えるが、いい形でマウンドを譲りたい。

1番東は2試合で3安打と好調。4番の堀内はここまで2本のヒットがいずれも2点タイムリーと頼りになる。好投手を相手に少ないチャンスをものにできれば、十分に勝機はある。

第66回全国高校軟式野球選手権 プレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました