作新学院が3連覇。多治見北、興國など初優勝|2023年各地区秋季大会結果

コラム

2023年、全国各地区の秋季大会が終了。秋の優勝校が出揃った。

2023年 各地区秋季大会の結果

優勝準優勝ベスト4
北海道北海道科学大高
(2年連続13回目)
札幌山の手登別明日
北嶺
東北能代
(14年ぶり4回目)
専大北上仙台一
弘前工
関東作新学院
(3年連続20回目)
白鴎大足利日大三
三浦学苑
東京早大学院
(2年連続8回目)
日大三駒場東邦
北信越松商学園
(2季連続11回目)
長野工・長野新潟商
富山商
東海多治見北
(初優勝)
中京津工
静岡商
近畿興國
(初優勝)
比叡山河南
奈良学園
大阪興國
(56年ぶり9回目)
河南初芝富田林
大商大高
兵庫六甲学院
(初優勝)
育英篠山鳳鳴
神港学園
中国倉敷工
(初優勝)
広島学院浜田
崇徳
四国新田
(2年ぶり8回目)
農業経営・大手前丸亀
九州筑陽学園
(5季ぶり4回目)
福岡大大濠鹿児島
文徳

北海道は北海道科学大高が秋季大会連覇を果たした。準決勝で今夏全国選手権大会で4強入りした登別明日にタイブレークで勝利。決勝では札幌山の手を下した。

能代は14年ぶりに秋の東北を制した。秋田大会の初戦で今夏の西東北代表・秋田に勝利。東北大会の1回戦、準決勝は2年生が欠場する中、1年生だけで勝ち上がった。

弘前工vs能代|第35回秋季東北地区高校軟式野球大会 準決勝
...

関東大会は作新学院が三連覇を達成した。2回戦では今夏の南関東代表・拓殖大紅陵との投手戦に勝利。決勝では今大会、大躍進した白鴎大足利との栃木勢対決に勝利した。

作新学院vs拓殖大紅陵|第64回秋季関東地区高校軟式野球大会 2回戦
...

夏は2年連続で全国を逃した松商学園が、春に続いて北信越の頂点に立った。降雨順延した北信越1回戦で新潟商に競り勝つと、決勝では県大会に続いて長野工・長野連合に大勝した。

東海大会の決勝では、多治見北が夏の全国チャンピオン・中京を下して、うれしい初優勝を飾った。昨年秋から実に5回目の挑戦となった今大会。夏の大敗をバネに遂に王者を超えた。

秋の近畿は興國が初制覇した。大阪大会決勝では、先の国体で準優勝した河南を下して56年ぶりの優勝。近畿準決勝では小原、蔭山、小澤の3投手でノーノーリレーを達成するなど、盤石の投手陣が光った。

中国大会は第67回大会(2022)全国4強の倉敷工が初優勝を飾った。岡山大会3試合を無失点で勝ち上がると、準決勝では崇徳、決勝では広島学院と、過去2年の西中国代表に連勝した。

徳島からの参加校がなく2チームによって争われた四国大会は、2年ぶりに新田が制した。愛媛大会決勝では好敵手・松山商に大勝。四国では農業経営・大手前丸亀連合から20得点した。

福岡で開催された九州大会は、筑陽学園が5季ぶりの覇権を握った。県大会決勝で福岡大大濠に10回タイブレークで勝利。九州準決勝では10月の国体で善戦した鹿児島を下すと、決勝で再び福大大濠に快勝した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました