【第4日】第67回全国高校軟式野球選手権大会

全国

第67回全国高校軟式野球選手権大会は28日、準決勝2試合が行われる。

大会第4日(8/28)の予定

倉敷工 – あべの翔学

ともに初めての決勝戦進出を目指す。

倉敷工・中野、あべの翔学・下前、両サウスポーエースが1、2回戦を完投。両投手とも、500球制限の目安(2試合で250球)に到達しており、決勝戦を見すえた継投が考えられる。

あべの翔学は予選で好投した長谷川、桝井が控えているのが心強い。倉敷工は背番号10の小鷹、背番号8の黒明に登板経験があるが、中野の出来が勝敗を左右しそうだ。

長打力では倉敷工が上回る。2試合で18本のヒットは4強の中で最多。あべの翔学は数少ないチャンスで決めきる力がある。

準決勝ともなると、1つのミスは致命傷となる。両チームとも2回戦で記録した守備のミスは修正したいところ。

▼倉敷工の勝ち上がり

  • 1回戦 4-0 早大学院
    (中野 159球) 
  • 2回戦 9-4 津久見 ※レポート
    (中野 115球/計274球)

▼あべの翔学の勝ち上がり

  • 1回戦 3-1 能代 ※レポート
    (下前 134球)
  • 2回戦 1-0 作新学院
    (下前 121球/計255球)

三浦学苑 – 中京

延長50回で注目を集めた第59回大会(2014)の決勝戦以来の顔合わせ。中京は5大会連続、三浦学苑は8年ぶりの決勝進出をかけて戦う。

伝統的な軟式野球の戦い方をベースにしつつ、攻撃力も備えるという点で、チームカラーは似ている。力差はほぼ感じられない。

三浦学苑は2試合をエースの佐藤と小宮の二人で継投しており、中京は1回戦はエースの谷本、2回戦は松井が完投。500球制限は考慮しなくても良い球数で、三浦学苑は安定感のある小宮の先発が予想される。中京は残り2試合をエースの谷本で押し切るか。

三浦学苑は上位から下位までシュアな打撃が持ち味で、中京には長打力がある。得点機ではどちらも叩きができる。

三浦学苑は予選を競り勝ってきた経験があり、仮に先制を許したとしても、慌てることなくじっくりと戦いたい。中京としては先制、追加点と着実に得点を積み重ねたい。

▼三浦学苑の勝ち上がり

  • 1回戦 6-1 松山商
    (佐藤 93球、小宮21球) 
  • 2回戦 8-1 鹿児島実 ※レポート
    (小宮 91球/計112球、佐藤 11球/計104球)

▼中京の翔学の勝ち上がり

  • 1回戦 4-1 比叡山 ※レポート
    (谷本 110球)
  • 2回戦 5-0 上田西
    (松井 115球)
【準決勝展望】倉敷工、あべの翔学、三浦学苑、中京がベスト4入り!|第67回全国高校軟式野球選手権

コメント

タイトルとURLをコピーしました