中京vs比叡山|第67回全国高校軟式野球選手権大会 1回戦

レポート
2022/08/25
ウインク球場(姫路球場)
第67回全国高校軟式野球選手権大会 1回戦 

中京が2年生の4番の一振りで試合を決めた。

スポンサーリンク

中京は序盤から比叡山先発の宮川を攻め、得点圏に走者を進める。2回は1死三塁、4回は2死二、三塁をつくるが、あとひと押しできない。

0-0のまま迎えた6回裏、2死二塁で、ここまで2安打の藤村が左三塁打を放ち、待望の先制点を上げる(比叡山 0-1 中京)。

その直後の7回表、2死二塁で比叡山・髙田に右前に放たれると、ライトゴロを狙った送球がそれる間に二塁走者が生還して同点に(比叡山 1-1 中京)。

しか7回裏、安打と2つの四球で二死満塁に。4番荒井がフルカウントから振り抜いた打球はレフトの頭上を超え、走者一掃の二塁打となり、勝ち越しに成功(比叡山 1-4 中京)。

その3点のリードをエースの谷本が守り抜き、中京が2年連続で比叡山に勝利。5大会連続のベスト8入りを決めた。

※球数、S数、S%は目安。公式記録ではありません。

スポンサーリンク

比叡山は昨年の全国でも対戦した中京の好投手・谷本の速球を積極的に狙い、相手を上回る8本のヒットを放った。

チームを全国に導いたと言っても過言ではない1年生の宮川。この大舞台でも予選同様に気負わない投球で、中京打線に立ち向かった。序盤から再三の得点圏のピンチでも、緩急をつけた投球で最後の1本を与えなかったが、終盤は疲れから四球が増え、相手中軸に決勝打を許した。

全国に強烈な印象を残した1年生エースをはじめ、下級生が大半の比叡山は、この夏、近畿の勢力図をガラリと変えた。

王座奪回をめざす中京にとって、大事な初戦。

エース谷本は、序盤から積極的に振ってくる比叡山打線に手を焼いたが、連打は一度も許さず。ここぞの場面では沈む変化球で武器に、最小失点にまとめ上げた。

中京・荒井選手の決勝打|第67回全国高校軟式野球選手権 1回戦

コメント

タイトルとURLをコピーしました