能代vsあべの翔学|第67回全国高校軟式野球選手権大会 1回戦

レポート
2022/08/24
ウインク球場(姫路球場)
第67回全国高校軟式野球選手権大会 1回戦 

両エースの投げ合いはあべの翔学に軍配。前回出場した第64回大会に続いて初戦を突破した。

スポンサーリンク

あべの翔学は初回、2死二塁で4番寺前のレフト後方への大きな飛球が相手のエラーを誘い先制すると、4回裏には3本のヒットとワイルドピッチでさらに2点を追加する(能代 0-3 報徳学園)。

あべの翔学先発のエース下前は、立ち上がりに四球を許すも、すぐにペースをつかむ。4回まで被安打ゼロ。

しかし5回表に守備の乱れで1点を許すと、7回表には2死からヒットと四球で同点の走者を許すが、ここはキャッチャー寺前がファールフライを好捕してピンチを切り抜ける。

さらに8回表には、2本のヒットと四球で2死満塁となるが、ショートへの難しい打球を澤井猛が身を挺してボールを前に弾き、素早く処理をして無失点に抑える。

最後の1本を許さなかったあべの翔学が、粘る能代を下して、作新学院が待つ2回戦に進んだ。

※球数、S数、S%は目安。公式記録ではありません。

スポンサーリンク

能代はあべの翔学の好投手・下前を相手に、前半は苦戦を強いられた。下前に疲れが見え始めた後半にヒットを重ねて同点、逆転のチャンスをつくるも、相手の好守に阻まれた。

先発の高橋は力のある速球を武器に被安打4、四球2と申し分ない投球だったが、ミス絡みの2失点が勝敗を分けた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました