【第1日】第66回全国高校軟式野球選手権大会

全国

第66回全国高校軟式野球選手権大会は25日に2年ぶりに開幕する。

新型コロナウイルスの蔓延にともない無観客、明石と姫路で分散しての催行と異例の体制で開幕する。

大会第1日(8/25)の予定

球場
試合
カード
明石
第1試合
広島なぎさ – 松山商
明石
第2試合
筑陽学園 – 河南
姫路
第1試合
能代 – 神戸村野工
姫路
第2試合
作新学院 – 札幌山の手

広島なぎさ – 松山商

明石の開幕ゲーム。

11年ぶりに出場する広島なぎさは予選すべてを継投で勝ち上がった。機動力を絡めた攻撃で先制点を奪い、全国選手権初勝利を目指す。

秋から公式戦無敗で全国初戦に挑む松山商は、12人のベンチ入り選手全員で戦い、15年ぶりの全国勝利を狙う。

筑陽学園 – 河南

春の九州と大阪のチャンピオンが1回戦で顔を合わせる。

全国初勝利を目指す筑陽学園はエースの久保山を2年生キャッチャーの宮崎がリードする。

河南は3年生の領家、2年生の茗ヶ谷の両サウスポーを中心に試合をつくる。3年前は初戦の作新学院戦で勢いをつけたが、再現なるか。

能代 – 神戸村野工

2年生エースの投げ合いが予想される。

能代の右腕・高橋は県大会・西東北大会4試合をすべて1人で投げ抜いた。チームからの信頼は厚い。第60回大会以来の全国勝利をうかがう。

神戸村野工は緩急を操る田中の先発が濃厚。4人の3年生を12人の下級生が支えるチームは2大会連続の初戦突破を狙う。

作新学院 – 札幌山の手

春の関東王者・作新学院に初出場の札幌山の手が挑む。

作新学院はエースの小林を中心に今年も守備が鍛えられている。上位打線で好機をつくり、先制点を奪いたい。

札幌山の手は予選4試合中、3試合で2ケタ得点を上げている。3年生の小柄なエース右腕・前田の力投にも注目。

第66回全国高校軟式野球選手権 プレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました