富山第一vs中京|第68回全国高校軟式野球選手権大会 2回戦

レポート
2023/08/26
ウインク球場
第68回全国高校軟式野球選手権大会 2回戦

中京が4本の叩きで富山第一を突き放し、6大会連続の4強入りを果たした。

スポンサーリンク

中京は背番号7の川口、富山第一はエースの黒畑が先発。

中京は初回に先頭の田口がヒットで出塁。1死三塁として黒田の叩きで幸先よく先制する(中京 1-0 富山第一)。

しかし2回裏、先頭の二杉にチーム初ヒットを許すと、続く岡崎の中安打をセンターが後逸してしまい、一塁走者が一気にホームイン。らしからぬミスで同点に追いつかれる(中京 1-1 富山第一)。

黒畑のテンポの良い投球に勝ち越し点を奪えなかった中京は7回、先頭の西尾が三塁打で一気にチャンスをつくると、田口が叩いて勝ち越し。さらに1死一、三塁で清水隆も完璧な叩きで続いて、2点のリードに成功する(中京 3-1 富山第一)。

さらに9回には試合の序盤で足を痛めた名越が、足を引きずりながらも2塁打で出塁すると、1死三塁で田口が2打席連続の叩きを決めてダメ押し(中京 4-1 富山第一)。

先発の川口は2回以降、ストライク先行で強打の富山第一打線から凡打の山を築く。公式戦では初めて9イニング目のマウンドに上がると、2人の出塁を許しながらも後続を断ち切り、ゲームセット。

川口の快投と芸術的な4本の叩きで中京の野球を体現し、準決勝進出を果たした。


1回戦で全国選手権初勝利を上げた富山第一は、全国のファンにその存在を強く印象づける大会となった。

長打を警戒されたこの試合では、5本のヒットのうち4本が単打だったが、2回には連打が貴重な同点の生還につながった。7回に八幡が放った打球は深く守るライトの頭上を超え、あわやスタンド・インかとも思われる三塁打に。最後まで富山第一らしい野球を貫いた選手たちの顔には、王者を相手にやりきった充実感がみなぎっていた。

※球数、S数、S%は目安。公式記録ではありません。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

関連記事

第68回全国高校軟式野球選手権大会
【第3日結果】第68回全国高校軟式野球選手権大会
...
あべの翔学vs中京|第67回全国高校軟式野球選手権大会 決勝
...
新潟商vs富山第一|第29回北信越地区高校軟式野球大会 1回戦
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました