比叡山vs浪速|令和4年度秋季近畿地区高校軟式野球大会 準決勝

比叡山 浪速レポート
2022/11/12
マイネットスタジアム皇子山
令和4年度秋季近畿地区高校軟式野球大会 準決勝

今夏の全国選手権に出場した比叡山(滋賀1位)が浪速(大阪2位)を撃破。地元開催の近畿大会で決勝戦に駒を進めた。

スポンサーリンク

浪速の川上、比叡山の宮川、両右腕エースが先発のマウンドに上がる。

比叡山は初回、内野安打と四球で1死二、三塁をつくると、4番髙田が三遊間を破る適時打を放ち先制。続く麻生の遊ゴロの間に加点して、2点を先行する(浪速 0-2 比叡山)。

3回にも無死二、三塁と追加点のチャンスを迎えるが、ここは川上に封じられて追加点ならず。

4回からは相手の二番手投手・草田に完全に封じられたが、7回裏、1死一、二塁で村田のセーフティバントが相手の送球ミスを誘って、貴重な追加点を上げる(浪速 0-3 比叡山)。

しかし、8回の表。2本の安打で1死一、三塁とされると、浪速の2番密城、4番長谷川 の適時打で2点を返される(浪速 2-3 比叡山)。

さらに9回表。浪速の先頭・川上に左中間を破る三塁打を放たれ無死三塁の同点のピンチに。

しかしここは宮川が意地を見せ、後続を二者連続三振と内野フライに封じでゲームセット。

粘る浪速を退けた比叡山が13日の決勝に進んだ。

※球数、S数、S%は目安。公式記録ではありません。

スポンサーリンク

浪速は3番久家、4番長谷川ら中軸が鋭いスイングを見せ、最終的には比叡山の好投手・宮川から8安打を放った。3点を追う8回には、このイニングだけで4本のヒットを集中させて1点差に。

最終回には川上が好走塁で一気に三塁を陥れるも、あと一歩及ばなかった。

投手陣は先発の川上が苦しみながらも初回の2失点にまとめると、4回から7回途中までは背番号15の草田が好投、そのあとを受けた背番号3の今田は、決勝点となった送球ミスが悔やまれるも、3人の投手がそれぞれの良さを発揮した。

比叡山は初回の先制点が大きく、終始、試合を優位に進めた。

宮川は120キロ台の速球と80キロ台の変化球で相手打者を翻弄した。8回には集中打を浴びて1点差に迫られるも、最後は地力で相手をねじ伏せた。

守備は見事に無失策。ライトの麻生、キャッチャー高田の好捕も光った。

【4番の仕事】比叡山、髙田選手の先制タイムリー|令和4年度秋季近畿大会 準決勝
比叡山が決勝戦に進出!令和4年度秋季近畿地区高校軟式野球大会 準決勝

コメント

タイトルとURLをコピーしました