三浦学苑vs作新学院|第63回秋季関東地区高校軟式野球大会 準決勝

レポート
2022/10/25
高崎市城南野球場
第63回秋季関東地区高校軟式野球大会 準決勝

2季連続となる関東大会準決勝での顔合わせは、今回も作新学院が勝利。4季連続の関東大会決勝に進んだ。

スポンサーリンク

作新学院は背番号2の大沼、三浦学苑はエースの魚住が先発。

作新学院は初回、1死二塁で山岸の左二塁打で先制。さらに、2死二塁で北田の中安打で幸先よく2点を先行(三浦学苑 0-2 作新学院)。

大沼は序盤から積極的に振ってくる三浦学苑に走者を許すものの、決定機を作らせない。

3回、三浦学苑が早々に魚住から大町へ継投すると、以後、得点機を作れない展開が続く。

一方、初回以降、味方の援護がなかった作新学院の大沼も、試合中盤からは三浦学苑打線を無安打に封じる。

作新学院が2点リードのまま最終回に。三浦・先頭の村松に四球を許すも、後続を併殺で打ち取り、ピンチを広げず。作新学院が初回の2点を守り抜いた。

作新学院 三浦学苑

作新学院 三浦学苑

作新学院 三浦学苑

※球数、S数、S%は目安。公式記録ではありません。

スポンサーリンク

1年生で正捕手として全国制覇を経験、2年では全国ベスト8、国体優勝に貢献した大沼が、投手として三浦学苑打線を完封した。

序盤は相手に強振される場面もあったが、試合後半は低めへの丁寧な投球で、最後まで反撃を許さなかった。

三浦学苑は3回から登板した大町が好投した。三塁に一度も走者を進めない、完璧に近いロングリリーフだった。

1つ上の世代の小宮をトレースしたような、横手から繰り出される投球には安定感があり、四死球はゼロ。

2季連続での悔しい敗戦ではあったものの、次の春、そして夏に向けて、収穫のある関東大会だった。

【校歌斉唱】作新学院 第63回秋季関東地区高校軟式野球大会 準決勝の校歌斉唱

コメント

タイトルとURLをコピーしました