比叡山vs天理|第67回全国高校軟式野球選手権近畿大会 決勝

レポート
2022/08/03
山城総合運動公園野球場
第67回全国高校軟式野球選手権近畿大会  決勝

比叡山が春の近畿覇者・天理を完封。夏の近畿連覇を果たした。

スポンサーリンク

比叡山は初回、先頭の高田が二塁打で出塁。犠打で三塁に進むと、林の投ゴロで生還。天理エース・木村から先制点を上げる(比叡山 1-0 天理)。

比叡山の先発は1年生右腕の宮川。立ち上がりから1年生とは思えない落ち着いた投球で、天理打線から凡打の山を築く。

この重要な試合で4回までパーフェクト。5回に四球で初めてのランナーを許すが、危なげなく切り抜けると、その裏。二死2塁で栗田のサードへのバントが一塁でセーフになり、二走の益山が一気に本塁を陥れ、貴重な追加点を上げる(比叡山 2-0 天理)。

後半戦に入っても宮川の好投は続く。7回表には二死から初めての安打を許して、逆に気持ちが楽になったか、8回には代打攻勢をしかける天理にも動じず。

そして9回。先頭に四球を許すも、後続を3人で封じて試合終了。

比叡山が昨年に続いて近畿決勝で天理を下して、2年連続の明石を手中に収めた。

※球数、S数、S%は目安。公式記録ではありません。

スポンサーリンク

比叡山の1年生右腕が大仕事をやってのけた。

宮川はこの大一番で、まったく物怖じする様子を見せず、緩急を付けた投球で強力天理打線を面白いように手玉に取った。

1回に幸先よく先制点を上げられたことも大きかった。上位から下位まで、好投手木村から安打を放ち、確実に走者を送って効率よく得点。

2点目の好走塁を見せた益山も1年生。スタメンのうち6人を占めた下級生の勢いが、春の近畿王者を飲み込んだ。

戦前は天理の優位な状況は揺るぎないと予想していただけに、まさかの展開だった。

天理打線は相手の1年生投手を打ちあぐね、6回までノーヒット。7回に浅尾が放った投手への強襲が唯一のヒットだった。二塁に進んだのは、二死から一度だけ。攻撃のかたちをまったく作れないまま、2年連続で比叡山に屈した。

比叡山 2年連続12回目の全国選手権出場の瞬間|第67回全国高校軟式野球選手権 近畿大会決勝

コメント

タイトルとURLをコピーしました