甲子園で作新vs中京院中京が実現!軟式の過去の激戦を振り返る

コラム

第101回全国高校野球選手権大会は、18日の準々決勝で作新学院(栃木)と中京学院大中京(岐阜)の対戦が決まった。

軟式では作新学院、中京学院大中京ともに全国制覇9回と最多タイ記録を分け合う。

両者の全国選手権での直接対決は5回。その一戦一戦が注目に値する激戦を繰り広げてきた。甲子園での両校の対戦を前に、軟式での近年の対戦を振り返ってみたい。

スポンサーリンク

作新vs中京院中京 過去の戦績

第51回(2006)決勝 作新 1-0 中京

作新学院のエース種市投手は2回戦の広陵戦で、史上15人目のノーヒットノーランを達成。その翌日、中京(当時)の伊藤が準決勝の松山商戦で同16人目となるノーヒットノーランを成し遂げ、史上初の同一大会ノーヒットノーラン投手同士による決勝での投げ合いとなった。

試合は予想通りの投手戦となったが、作新学院は7回裏、1イニング4つの四球で先制。この1点が決勝点となり、作新学院が6度目の優勝を果たした。

作新学院vs中京

第53回(2008)決勝 作新 5-1 中京(延長15回引き分け再試合)

2年ぶりに決勝戦で顔を合わせた両校。この試合もスコアボードに0が並び、延長戦に突入。

13回表、中京は主将大下のレフト前ヒットで待望の先制点を上げるが、その裏、作新学院も3塁からキャプテンの樋山がライトへタイムリーを放ち同点に。

意地と意地のぶつかり合いは延長15回でも決着がつかず、23年ぶりの決勝戦再試合となった。翌日の再試合は作新学院が5-1で勝利し、2年ぶり7回目の優勝を達成した。

軟式高校野球決勝 作新学院vs中京

第56回(2011)決勝 中京 2-1 作新学院(延長11回)

決勝戦再試合から3年後の2011年に3回目の決勝戦で対戦。

2回戦の河浦戦で史上2人目の完全試合を達成している中京の下田と、作新学院の背番号4大塚の投げ合いとなったこの試合も、無得点のまま延長戦へ。11回表、作新学院は相手のエラーで先制点を奪い、11回裏も二死走者なしまで追い込んだが、この土壇場から中京が2人の走者を出し、4番山内の一振りがセンターオーバーの逆転サヨナラタイムリーに。中京が12年ぶり5回目の優勝を劇的な形で掴み取った。

スポンサーリンク

作新学院と中京学院大中京の過去の対戦

大会回戦スコア
1991年第36回準決勝中京商 2-1 作新学院
(延長14回)
1999年第44回2回戦中京商 3-0 作新学院
2006年第51回決勝作新学院 1-0 中京
2008年第53回決勝作新学院 0-0 中京
(延長15回)
  決勝
(再試合)
作新学院 5-1 中京商
2011年第56回決勝中京 2-1 作新学院
(延長11回)

 

タイトルとURLをコピーしました