2015長崎国体 高校野球軟式の部

pablo (26).png

2014年10月14日から3日間の日程で行われた国民体育大会高校野球軟式の部の結果を振り返る。

この大会は当初10月13日から4日間の日程で行われる予定だったが、台風接近のため13日に試合が中止となり3日間で行われることになった。

開場は長崎県の離島・五島市で、台風の影響を大きく受けた。13日に実施予定だった1回戦は、天候もさることながら、神港学園神港(兵庫)、南部(和歌山)、文徳(熊本)の3校が当日になっても現地入り出来ないという事態が発生。

この年の夏の選手権は準決勝の延長50回、中京と崇徳の対戦が全国的に注目を浴びており、両校は勝ち上がれば決勝で対戦することになっており、その行方にも注目が集まった。



style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-5395224099554726″
data-ad-slot=”9743199296″
data-ad-format=”auto”>

スポンサードリンク

大会組合せ

2014年10月13日 1回戦、準々決勝 雨天順延

2014年10月14日 1、準々決勝

2014年10月15日 準々決勝

2014年10月16日 準決勝、決勝

大会は和歌山の南部が神港学園神港(兵庫)を下し初出場初優勝を果たした。



style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-5395224099554726″
data-ad-slot=”8900325290″>


スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました