【レポート】法政ニ、エースの力投で決勝進出 栄光学園との再戦へ 平成30年度春季関東地区高校軟式野球大会 準決勝 法政ニ vs 東洋大牛久

20180527140616__MG_2773.JPG

2年連続春季関東大会で四強入りを果たした法政二。先に行われた準決勝第1試合では同じく神奈川の栄光学園が決勝進出を決めた。日頃から激戦区で互いを高め合う”仲間”の待つ決勝進出は絶対に果たさなければならない。

対する東洋大牛久は茨城3位ながらこの関東大会を準決勝まで勝ち上がってきた。初戦は群馬1位の前橋工に、昨日の2回戦は拓殖大紅陵を降した。


style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-5395224099554726″
data-ad-slot=”8466330659″>

両エースが決勝を懸けたマウンドを任される。東洋大牛久の豊原はテンポよく投げ込み、対する法政二の2年生エース久米は自分の間で相手の打者と対峙する。

20180527130444__MG_2713.JPG

20180527125704__MG_2696.JPG

試合は3回表、法政二は二死から鈴木玲、久米の連打で二死2、3塁とすると、5番綾野のショートへの強襲ヒットで先制。更に6番久保のセンターへの適時二塁打で2点を先取する。

その裏の東洋大牛久は二死3塁から2番山路がレフトオーバーのツーベースを放ち1点を返上。簡単には相手に主導権を握らせない。

20180527130104__MG_2707.JPG

4回表にも法政ニは二死2塁から粘った宇多がライトへタイムリーを放ち、再び2点差とする。試合はそのまま両エースの力投が続き、互いにチャンスをつくれないまま終盤へと向かう。

4回以降、2塁までランナーを進められなかった法政二は9回表、先頭の鈴木利が内野安打で出塁。四死球で塁上を埋め、一死満塁で3番鈴木玲が強く叩くことを意識した打球がレフト前に落ち、法政二が勝利を手繰り寄せる追加点で5-1。その裏の東洋大牛久の攻撃を無失点に抑えた法政二。昨年は届かなかった春季関東大会決勝に駒を進めるとともに、神奈川の盟友との再戦を決めた。

20180527141701__MG_2798.JPG

法政二
002 100 002│5
001 000 000│1
東洋大牛久

法)久米 – 菊本
東)豊原 – 安部


style=”display:block; text-align:center;”
data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-5395224099554726″
data-ad-slot=”8466330659″>

東洋大牛久はエースの豊原が踏ん張り味方の援護を期待したが、9回に突き放され決勝進出はならなかった。

法政二の久米は最後まで自分のペースを貫いた。この試合、3塁まで走者を許したのは3回裏のみ。9回32人に対して6安打を浴びながら、四死球はゼロで東洋大牛久を退けた。

この試合、エースの久米と並んで特に目立ったのが法政二サードの久保だった。実に12回飛んできたサードゴロをすべて完璧に処理。鍛え抜かれた守備力を存分に発揮した。打っては3安打1打点の活躍。チームの勝利に大きく貢献した。

20180527134631__MG_2749.JPG



style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-5395224099554726″
data-ad-slot=”8900325290″>


スポンサードリンク

関東 直近の大会成績
nanshikibb.seesaa.net

2018/05/27 J:COMスタジアム土浦 前日の2回戦では作新学院を撃破。シュアな打撃とエース内藤の力投で勝ち上がった地元茨城1位の下館一。対する栄…
nanshikibb.seesaa.net

2018/05/26 J:COMスタジアム土浦 春の茨城を制した下館一。県大会決勝では昨夏全国準優勝の茗溪学園を下して地元開催の関東大会に堂々一位で出場…
nanshikibb.seesaa.net

2017/06/04 高崎市城南野球場 その脅威の粘りはどこからくるのだろうか。 逆転の法二。秋からこの春にかけて見せた法政二の戦いぶりを一言で表現…
nanshikibb.seesaa.net



タイトルとURLをコピーしました